グッドバイライラックと言うBL漫画が良かったです

グッドバイライラックと言うBL漫画が楽しかったです。

私は基本BLが好きでも嫌いでもない方です。

なので、あえて周囲の人に奇異の目を向けられるような本の購入はしようと思いません。

ですが、この作者さんが書くBLは絵もストーリーもとても好きなので期待をしていました。

漫画のタイトルを最初に見た時に思った事は「悲愛系の漫画?」という事でした。私は人外と人間だったら悲愛エンドも受け入れられます。

ですが人間と人間だったならハッピーエンドで終わって欲しいなと思っている方なので、そうだとしたらあまり楽しめないかもなと思って読んで見ました。

主人公の笠井先生は高校の教師でノンケです。

加藤は笠井先生が好きで卒業する前に告白をするのですけど断られてしまいます。

それは加藤が男だからという事もあると思うけど、生徒だという事もあると思いました。

そして卒業式の時に加藤は今まで注意をしても止めなかったメンソールのタバコを笠井先生に渡して卒業していきます。

それは加藤なりに学校も卒業するけど、笠井先生を好きな事も卒業するという意味もあるんだと思っています。

そうして成長した加藤は高校の教師になって笠井先生の高校に赴任してきました。

そこで自分が渡したはずのタバコを笠井先生が吸っている事に動揺します。

そして加藤はまだ先生の事が好きだと言います。この時に1度振られてそれからも何年も思い続けている加藤のメンタル凄いなと思いました。私には真似できません。

そしてラストに加藤が教職を離れてしまった時に笠井先生が見つけ出してたのですけど。加藤が先生の事を好きか尋ねるシーンがありました。

笠井先生は異性愛者だから同性の事は好きになれないけど、加藤の事は見捨ててはおけない。今は「情愛」でもいつからか「愛」に変わっているかもしれないとの事で口から出た言葉が加藤の「好き?」の返事の「愛しいよ」なのだと思いました。

本当にここのセリフを読んで涙が出そうになりました。

それでライラックの意味を調べてみたら、花言葉が「初恋」だったので悲愛じゃ全然なかったんだなと思ってやっぱりこの作者さんは良いストーリーを書くなと思いました。