中央アジアのお嫁さん物語「乙嫁語り」

乙嫁語り」は、森薫さんが描く、19世紀末の中央アジアが舞台の漫画です。ロシアの侵攻、土地を巡る部族間の対立など、きな臭い部分もありつつ、当時の人達の日常を生き生きと描いています。

物語の中心になるのは、アミル・カルルクの年の差夫婦。二十歳の姉さん女房アミルは、明るく天真爛漫な女性。弓の名人で、大きな獲物を仕留めるのはお手のもの。彼女を娶ったカルルクはまだ十二歳ですが、賢く思慮深く、思いやりのある少年です。結婚式の日に初めて顔を合わせた二人は、少しずつ互いを知り、想いを深めていきます。夫の服に魔除けの刺繍をしたり、二人で歌って踊ったり。当時の生活は興味深く、美味しそうな料理や緻密な刺繍を含め、つい熱心に読み込んでしまいます。魅力の一つは、森先生の美麗で緻密な絵。装飾品や絨毯の模様まで、細部まで書き込んだ絵は美しく、眺めていて飽きません。羊や馬など、動物達も生き生きと描かれています。

「家長の命令は絶命」「結婚相手は親が決める」など、現代人には違和感のある部分もありますが、ナビゲーター役のイギリス人研究者・スミスさん(現代人寄りの感覚)の目を通して描かれることで、上手く読めるようになっています。

アミル・カルルクのエイホン家を中心に、スミスさんが訪れる地域のお嫁さんの物語も、平行して描かれます。カザフスタンアラル海アンカラなど。

薄幸の未亡人タラスさん、お転婆な双子ライラとレイリ、富豪の妻アニスなど。

土地が変われば文化や習慣も違い、それぞれの女性の人生も異なります。スミスさんが恋をしたり、また現在は廃れた、女性同士の結婚「姉妹妻」の描写があったり。個人的に、女性同士で夫婦の契りを結ぶ姉妹妻の風習は驚きでした。まだ連載途中のこの作品、続きを楽しみに待っています。

王子様と灰色の日々を読みました

屋敷からいなくなった女装趣味の至のために同じ顔の主人公の敦子が入れ替わりをするお話です。

この作家さんは元はBL作品を出しているのでどんな話になるんだろうと思って読み始めました。

初めはちょっとは感動できても、ものすごくは感動できないと思っていました。

でも、異母兄の遼が敦子にダンスを教えている所がいいなと思いました。

時々ミニ敦子と遼になるんですが、じゃれている所がむちゃくちゃ可愛いので、もっと読みたくなりました。

きっと表向きは敦子が至の代わりをして裏で遼と両想いになるとかそういう感じで終わらせてくるんだろうなと思っていました。

ですが、全く違った風に終わりを迎えました。

ハッピーエンドなのですけどもかなり切ない過程のある4巻の所が大好きです。

元服式に至が出てきたんですけど、乃木家の家族が一つになるために敦子は自分を犠牲にして自分こそが至だと言った所が感動しました。

結果的にはバレて連れ出されてしまうのですが、乃木家はやっと一つになれた感じでした。

式の後部屋で待たせてあるはずの敦子の姿を探すのですが姿はなく、敦子は置手紙をして屋敷から出て行きます。

その時に、手紙を書くときの回想のコマがあるんですけど、そこで遼に好きだと書く時に何回かためらう敦子が凄くいじらしくて、可愛かったです。

遼も絶対に敦子の事が好きだろうなと思っていたので最後にハッピーエンドになって良かったです。

もっと二人のイチャイチャが見たかったですがそこは想像して下さいという事でちょっと不完全燃焼系ですが、最初の頃、敦子がずっと思い続けていた『人を愛するという事は不幸』という事が遼にあってそうじゃなくなったのが良かったと思います。

ひぐらしのなく頃にシリーズ

この作品は、ミステリー、ホラー、を中心に描かれていますので、ホラーやミステリーが好きな方には是非ともオススメしたい作品です。

絵の好みが賛否両論あると思いますが、元はゲームからの作品ですので、いわゆる同人作品の萌えキャラのキャラクターが多いです。最初は、絵だけで毛嫌いし見ようとは思いませんでしたが、一度作品に触れると、どんどんはまってしまい、毛嫌いしていたキャラクターさえも、可愛く見えてきました。

内容も、メインキャラクター達それぞれに過去のトラウマや葛藤がある中で、色んな事件が起こりながらも、最終的にはメインキャラクター達全員の絆で犯人を見つけ出し戦います。

少しネタバレになりますがこの作品は、犯人を見つけるために人生をやり直す事ができます。

漫画だと人生をやり直す事ができますが、現実には出来ない事なので、この作品を見て、生きてく上で間違えた選択をしても、真摯に相手と向き合うと、良い方向に向く可能性もあるんだと思いました。

この作品のキーワードには、愛情、友情、信頼がでできます。

現実生活でもしかり、家族に対する愛情、友人に対する愛情、その他の愛情、そしてその方達を信頼して大切にしていく事が学べる作品となっています。

ただ、怖い、謎解きだけの作品ではありません。

隠された真実、そして犯人の心情、全作品を読んで、ミステリー、ホラーの作品の中でこんなに面白く、見終わった後も考えさせられる作品に今まで出会った事がありません。

少し古い作品ですが、まだ見たことがない方にも本当に見てもらいたい作品です。

一度見終わっても、もう一度最初から読むと、新たな発見もできますし、わからないポイントの謎も理解できますので、この作品は2週する事をオススメいたします。

大好きな漫画も読んだら売る

断捨離と聞くとワクワクするくらい自他共に認める断捨離好きな私ですが、今や自分の物や私の管轄とも言えるキッチン周りは絞るだけ絞ったので断捨離出来る物がないくらいです。

となると自然に目がいくのが夫と息子の物です。私に感化されてかなり物を減らしてきた夫ですが、私に言わせるとまだまだです。夫がなかなか手放せないのが思い出系の物で、高校時代のサッカー部で貰ったメダルや賞状の類や、子供の頃から大切にしているフィギュアなどが一応綺麗に整理されてはいるものの、かなりの量があるのです。これだけは死んでから処分してくれ、とまで言われているので我慢しています。

私はと言えば、亡き母がごっそり残してくれた子供の頃からのアルバム10冊からたった10枚の写真だけ残して処分したくらい思い出系の物に執着がありません。

大好きな漫画も読んだら売るようにしています。

xn--1sq75hy34anrf506a9yr.net最新刊などはかなり高く買い取ってもらえたりするので人気作などはなるべく早く売るようにしています。

最近は小学一年生の息子が、おもちゃをママに捨てられるかも?と危機感を持っているようなので、遊んだ後に出しっ放しにしているおもちゃは大切じゃないとみなして処分するからね!と言ってあります。このママは本当に捨てる、と日々の断捨離を見て分かっているようで、寝る前にキチンと片付けるようになりました。

目指すは何も出ていないキッチンにリビング、まだまだ私の断捨離熱は冷める事はなさそうです。

 

一石二鳥の家庭菜園

最近は家庭菜園を楽しんでいる方が増えましたが、私も自宅の庭で楽しんでいます。

今まで庭木のあった場所を少ずつ開墾して、現在10帖程の広さですが、これだけあればかなりの野菜が作れます。

 

農薬は使わない・有機肥料を使う、という事を信条にしているので、反対に言えば害虫が付つきやすく育てるのが難しいものは作らない・・とも言えます。

ざっくりとですが、

春~夏、トマト・ナス・キュウリ・小玉スイカ・万願寺唐辛子・シシトウ・シソ・

秋~冬 ダイコン・タマネギ植え付け・レタス・サンチュ・インゲン・自然薯の収穫

冬~春は ダイコン・エンドウ・ジャガイモ・自然薯植え付け タマネギの収穫

 

野菜の育て方にはにはそれぞれコツがあり、最初から満足できるものが収穫できたわけではないですが、様々な方法を試してみるのも楽しく、いいものが出来た時はとても嬉しいものです。

 

そして何といっても、その日の料理に使う分だけ収穫するのでとても新鮮で、キュウリはトゲトゲが痛いピンピン、ナスビは皮がピーンと張って、もうスーパーで何本かパックになっているようなものは使えません。

 

菜園は時期になると一気に収穫時を迎えるので、毎日同じ野菜をたべなきゃ・・という事もあるのですが、常に旬の野菜を食べているわけで、栄養もたっぷりのハズです。

スーパーに行く回数もぐっと減り、まさに趣味と実益の一石二鳥です!

 

漫画で情報収集

私は漫画を読むことが好きです。少女漫画や少年漫画、青年漫画など気にせず何でも読みます。

全巻読むのではなくお試しで無料の分だけ読みます。コアな漫画だと知らない用語も覚えられ、スポーツ系から医療系までそれなりに知識がつきます。

最近の流行りもわかり若い方にも会話のネタになるので漫画を読むとコミュニケーション力があがります。

最近では漫画が映画化されるので漫画のネタを知っていると映画も楽しめます。大人との会話も進むので漫画なしではコミュニケーションがとりにくいです。

四コマ漫画も読んで、シュールな漫画も読みます。面白くないものは途中で読むのをやめますが一話目はお試しで全て読みます。

お試しが面白くて漫画は買うことが多いです。冊子は重いので、携帯漫画が便利でこちらも好きです。携帯で電子版をダウンロードしないのは携帯が壊れたら読めないのではと思うと買う気にはなりません。はまるまえに読みやめます。

お試しでも月刊誌の漫画をまるまるダウンロードできると読みごたえも満足感もあります。月刊誌なら一つは面白い漫画にあたります。

ライン漫画だとラインスタンプも無料でもらえる時もあり特典つきのお試し漫画は嬉しいです。お試ししか読まないので人物の名前は覚えられません。

数十年越しの復讐

私はゲームセンターに行くと、専らシューティングゲームにコインを投入していました。
格闘ゲームブームにシューティング冬の時代が重なった時でさえ、他のジャンルには目もくれず
敵が撃って来る弾を微妙な操作で避けつつボタンを押して敵を爆殺するゲーム以外は遊びませんでした。
まあこれはゲームセンターでの話で家では普通にRPGとかをやり込んでいたんですが、
ともかく誰も目もくれない時期にシューティングばっかりやっていたおかげで
仲間内では「シュ-ティングが異常にうまい人」のポジションを得られていたものです。

そんな私も、興味は物凄くあるもののなかなか手の出ないタイトルと言うのが幾つかありました。
他のゲームはワンコインでプレイ出来るのに、1クレジット200円取られる「特別」なゲーム。
そんな特別なゲームの代表が私にとってはダライアスシリーズでした。
巨大な筐体に複数画面が連なり、体の芯まで震わすボディソニックというサウンドシステム。
そして、何か成果らしきものを得られる前にあれよあれよとぶち殺される難易度。
近所のゲーセンにあった小学校のころは上手くなれるほどコインを投入できる財力はなく、
以降のシリーズは気軽に行ける距離に置いておらずとダライアスシリーズは少々縁遠いものでした。

そんな私にとって、またとない復讐の機会となるタイトルが登場しました。
家庭で楽しめる壮大なサーガ『ダライアスバースト クロニクルセイバーズ』。
様々なプラットフォームで発売されていますが、私が購入したのはsteam版です。

それでどの辺が復讐かというと、今までのダライアスシリーズの主人公機=シルバーホーク
そのままの性能ではないにしろすべて使えると言う点にあります。
特に長い戦争の歴史を追うキャンペーンモードに当たる「CSモード」では、
プリセットでそのステージに充てられている機体が登場したタイトルのBGMをそのまま聴けるのです。

もちろん、これをプレイしたからと言って当時のダライアスを攻略する事にはなりません。
まあ言わば雰囲気復讐と言ったところでしょう。
で、せっかくパソコンなのでここからお金を積めば当時のごとく2画面でプレイできたり
ボディソニックもかくやという迫力のスピーカーを揃えることも出来るんですが・・・
まあそれは今後の課題ですね。